グラフィックレコーディング

グラフィックレコーディング(通称グラレコ)とは

会議や講演など様々な議論をリアルタイムに可視化する手法です。
話を聴きながら模造紙などに大きく描く事で、場の中で参加者との共有や、
進行中の議論の再確認や、絵でまとめてある為議事録としての短時間の振り返りなどに使えます。
当社が行うグラフィックレコーディングはファシリテーションの1形態となっており、場に入ってリアルに描く事をグラフィックレコーディングと指しています。

動画などを見て後から完成品のみ行う納品はグラフィックレコーディングではなくイラスト、チラシ、ポスター作成のページをご覧ください。

料金表(上記図の講演を描く場合の料金)

2時間まで半日1日
NPO、シビックテック関連(※1)5000-100002000030000
自治体関連10000-250003000040000
企業300005000075000

※1:ここに該当する企業については、連絡していただく際に御社の事業内容と
内容にて該当するか判断させていただきます。

・グラレコ時間は、長距離移動が入る際には移動を含めた拘束時間を
対応時間とさせていただきます。
・ワークショップや、人数が多いパネルディスカッションなど内容によって
人数が必要であれば、その人数分費用がかかります。
・イベント請負会社様へ
CivicTechLab.はグラフィックレコーディング派遣会社ではございません。
複数のグラフィックレコーダーが必要な場合はお日にちを確約していただいた上でご契約とさせていただき、上記料金にマネジメント料金等が発生します。
大規模カンファレンス等で複数のグラフィックレコーダーを希望されても、ご希望に添えない事がございますので主催者様含めてご相談をお願いします。