長岡造形大学グラレコ講座

2019年11月4日

新潟県長岡市の長岡造形大学にて造形大の生徒さん向けグラレコ講座を行いました。
授業が終了した後に希望する生徒さん20名程度に集まってもらっての開催となりましたが、みなさんまるで授業してる時の様に真剣に取り組んでいただきました!

長岡造形大でグラレコ講座を開催するのは2回目になりますが、
絵の上手な生徒さんばかりでしたが、どうやって見やすく描くかなどは
苦戦しながら描いていたのが印象的でした。
1回目に参加してくれたメンバーも楽しそうに描きながらワークの手助けをしてくれたので感謝です!

いつもは自分が話す側で写真がなかなか撮れないのですが、今回はワークショップ中の写真をたくさん撮っていただいたので写真もりもりでお送りします。

講師の市川希美

似顔絵の練習

模造紙に描く練習

 

ワーク中の長岡造形大生の様子

福山市グラレコ講座

2019年11月12日

広島県福山市にて市民向けグラフィックレコーディング講座を行いました。
開催はチーム・カノバさんと言う「人々の可能性が開く鍵となる『場』」の
運営をされている方と一緒に、ファシリテーション講座特別編という形で
グラフィックレコーディングの講師を市川希美が行いました。

参加者の上限を20名程度にして少人数でしっかりトレーニングできる様にし、講座が終わったらすぐにグラレコを始められる!という形のワークショップを行いました。
すでに自主的にグラレコされてる方もいて、ご自分の作品を持ち込んでもらったので僭越ながらアドバイスなどもさせていただきましたよ!

もしかしたらグラレコ部を作るかもしれない、と仰っていただいたので
次にお会いできる時には素敵なグラレコをしてくれるかもしれませんね、
楽しみです!

チーム・カノバさんのページはこちら

地域活性化センター講演

2019/11/8

東京都中央区の地域活性化センターにて市川博之が講演を行いました。
講演は「自治体でもできる!データ利活用社会」の題で

・なぜデータが必要とされるのか
定義が曖昧だと議論の中に空中線が発生するので、同じ土俵で話すためにデータがファクトとして必要であること。

・国全体のオープンデータ利活用の背景
官民データ活用推進基本法についてや世界最先端デジタル国家宣言についての日本の取り組み方針、デジタルガバメントの実現について。

・オープンデータ
オープンデータの意義やオープンガバナンス実現のためにオープンデータやシビックテックを血液として課題解決に取り組むこと。

・庁内でのデータ利活用の事例について

などを1時間程度講演しました。

グラフィックレコーディングは市川希美が担当し、今後地域活性化センターのサロンに展示されます。