三重県オープンデータリーダー研修

2019/7/3

三重県津市にて自治体職員向けオープンデータリーダー研修の中で、市川博之が講師とワークショップのファシリテーターを行いました。

この研修は総務省の事業として、全国の自治体でオープンデータ担当をしている課を対象にした研修でオープンデータとはどんなものかの解説や、オープンデータのカタログサイトの1つであるCKANと呼ばれるポータルサイトを体験してみようという研修内容になっています。

市川博之からは「地域におけるオープンデータ推進支援」として庁内でなかなか進まないオープンデータ化についてどうしたら庁内の理解が得られるか、オープンデータの必要性についてをお話しました。

ワークショップではオープンデータ担当者とデータを出す側の現場にどのような齟齬があるのか本音と建て前を考え、本音の中にどのような要因があるのかを考えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA