室蘭市データアカデミーmini

2019/4/17

北海道室蘭市にて室蘭市役所職員向けデータ利活用研修「データアカデミー超入門編」の講師を市川博之が行いました。
ここでは4時間でデータ利活用とは何か?からデータから政策立案をする為のプロセスを
アクティブラーニング型で行いました。

参加者16名で4チームに分かれ、それぞれ事前に出してもらっていたテーブルごとのテーマを元に、テーマに対しての目標、問題、課題を設定し
ロジックモデルを使って政策立案をしてみるという本番のデータアカデミーの体験版のような形で行いました。

本来はデータ分析を行うフェーズもありますが、今回は時間がないため
分析に利用するためのデータにあたりをつけて恐らくこうなるであろう仮説の裏付けまでを行い、政策立案へとつなげてみました。

ワーク中の様子

ロジックツリーを考え中

講座部分をまとめたグラレコ

ワーク部分をまとめたグラレコ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA