東海道どまん中官民デジタルアイデアソン

2019/2/18 袋井市役所東分庁舎「コスモス館」大ホールで
「東海道どまん中官民デジタルアイデアソン」が開催されました。


アイデアソン は下記の流れで実施しました。
普段のアイデアソン とは違い、デザインシンキングの手法を体験できる仕組みを取り入れています。テーマは「窓口業務の改善」「外国人への情報発信」「見守り」の3点です。

1、Icebreaker
2、袋井市の今までの取り組み経緯と、ICT計画の説明
3、デザインシンキングによるアイデアソン
・共感・理解 課題の自分ごと化と共有
・問題の再定義・ニーズの確認
・アイデア発想
・四コマ漫画の作成
・フィードバッグ(市場テスト)
・共感・理解、問題の再定義・ニーズの確認
・四コマ漫画の作成
4、発表
5、振り返り

完成したグラレコ

ファシリテーター:市川博之
グラフィックレコーディング:市川希美
参加者:15名

今後の地域の取り組みに参加者同士が繋がるような
そんな期待が広がるアイデアソンでした。
次はもう1時間ぐらいかけて、じっくりと取り組みしてみたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA