UDC2018中東遠 道路・交通関連情報オープンデータ アイデアソン

2018/12/8
静岡県菊川市にてUDC2018中東遠 道路・交通関連情報オープンデータ アイデアソン が開催されました。
Civictech.Labではアイデアソンの構築と当日の進行を担当し、常葉大学in&out labの学生2名がグラフィックレコーディングを担当しました。

アイデアソンとはアイデアxマラソンを掛け合わせた造語で、
テーマや課題に沿って対話を通じて新たなアイデアやサービスなどの構築を短時間で行うもので、今回は中東遠4市1町が所有するオープンデータに加えて、道路台帳や道路付帯物(カーブミラーや防犯灯など)を利活用を考えるアイデアソンとして開催され、自治体職員さんや地元企業さん、地域の学生など30名近くが参加しました。

<タイムスケジュール>
13:00-13:10 UDCの説明
13:10-13:30 オープンデータの説明
13:30-14:30 アイデアの発散(アイデアシートへの取りまとめ)
14:30-16:30 チームビルディング&アイデアブラッシュアップ
16:30-17:00 企画書プレゼン
17:00-17:30 受賞者発表

グループは4チームに分かれブラッシュアップが行われ発表されました。

今回のイベントアーバンデータチャレンジの一貫でもあるので出てきたアイデアは
アイデア部門に応募することが可能です。
みなさん今回のアイデアをブラッシュアップして是非応募してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA