地域情報化とは住民がデータを作り使うこと(シビックテック in 安来市)

島根県安来市で「データ利活用で語らナイト☆」に参加しました。

11/22に、総務省のデータアカデミー 研修後に、安来市の職員さんたちと
自主勉強会を楽しく開催しました。
今回は、私もLTとしてデータ利活用をテーマにということで、住民だからこそできる
地域情報化のお話を、静岡の今までの事例をベースにさせていただきました。

<スライド>

各地域で、様々な取り組みがあっていい。シビックテック・ラボでは
そんな一個一個の地域と繋がりつつ、静岡にも各地の取り組みのエッセンスを
還元できればと思います。

行政も市民もこれからはクリエィティブに、そして自分たちの地域のことは
自分たちでも作り込んでいく。そんな力になれるように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA