静岡大学 アプリで実現する地方創生アイデアソン(9/29)

9/29に静岡大学浜松キャンパスで、静大の学生さんたちとアイデアソンをしてまいりました。私は、アイデアソンの企画から、当日のファシリテーターまでを担当させていただきました。

アイデアソンの流れは下記の通り!

1、粗いアイデア出し
自分の困りごとを集約しながら、地域の困りごとを考える
アクティビティ
2、グループ内でフィードバック
他人の目線でのフィードバック
3、全体での目線での評価
4、4コマ漫画を何枚も書くことで、ペーパープロトタイピング
5、最後に解決方法と価値の出し方を各チームでまとめる

6チームとも素晴らしいアイデアが出てきて
ハッカソンにも期待膨らむ結果となりました。

学生のみなさんも、終日楽しそうであったし
静大の運営の先生方にも好評をいただいており
今後はうちの(東京造形大学)の学生さんと
コラボしたりできたらなぁとも思ったところです。

アイデアソンも最近色々なところでやっておりますが
ちゃんと、どの工程で何を考えさせたいか、発散と収束をどうするか
こういうとろを考えて場所ごとに調整していかないと
満足感のある時間にならないことを痛感しています。

フレームを真似るだけじゃなく、その目指すところを自分なりに
消化しましょう。それが、アイデアソンの守破離の「守」です。
それをまずは目指しましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA